読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

W杯を終えて、本田圭佑について思うこと

W杯終わりましたね。

W杯終わりましたね。

僕も、なんだかんだ言って見ていました。

 

大会自体は終わってはいないのですが、日本代表は予選敗退でした。

その時点で大半の日本人の興味はなくなっていると思います。ファミリーマートもユニホームでの営業を予選敗退と同時にやめていました。

 

どうやら本田が叩かれているようです。

「どうやら本田が叩かれているようです。」と書きましたが、別に叩かれてはいないと僕は思っています。一部のスポーツ新聞はボロクソに書いているようですが・・・。

日本代表へスポーツ各紙が一面で強烈なバッシング!報道姿勢に疑問 – grape -「心」に響く動画メディア

スポーツ新聞や週刊誌なんて、ボロクソに書いたり、煽ったりすることが定番化しているので、それについての反論や「日本のマスコミは最低だ」なんて言うことは、スポーツ新聞や週刊誌と同じように、ポジショントークでしかないのであまり意味がないと思います。

 

あと、サッカーの日本代表が勝てないことを国民性と結びつけることもくだらないと僕は思っています。

 

サッカーも数あるスポーツのうちの一つでしかないので、戦術論や技術論だけで話せばいいと基本的には思っています。

それでも、やはり。あの男について語りたいと思います。

 

本田圭佑

本田の強気の発言は、確かに聞くもの見るものを期待させたし、勘違いさせたかもしれません。

ただ、それが何だというのでしょうか?多くの日本人にとって自分とは関係のない出来事のはずです。

(僕はブラック企業批判も同じような感想を持っているのですが、自分とは関係ないことで熱くなり過ぎのように思います。)

本田自身は、自分を奮い立たせるために、目標を常に持って、イメージして、さらにそれを口に出して、一つ一つ階段を登ってきて、今に至るわけです。

 

その言葉には、やはり力があるし、多くの人を惹きつける何かがあります。

NHKプロフェッショナル

例えば、本田はNHKプロフェッショナルでこのように言っています。

(ACミランで結果が出ていないことについて。)(ミランを)出たいというか、出るのも選択肢のひとつかもっていうのは、正直考えたことあります。(中略)もう一人の本田圭佑が、それは違うということを言い出し始めるわけですよ。

お前は逃げてると。今まではそうじゃなっかっただろう?と。

 

あるいは、監督との意志の疎通については。

監督の部屋に今の段階でも5,6回は行ってるんですけど、(中略)たとえば、最初は(サイドに)張れって言ってたんです。中に入るなと。

でもやっぱりうまくいかないから中に入れって言い始めた。

僕はもう、それでいいと思った。

でも、ネガティブに考えたら、言ってることちがうやんけ、って話になるんですよ。

(中略)

だから僕のモチベーションの問題なんでしょうね。僕が疑いながらプレイしてるときっていうのは、うまくいってないんでしょうね、物事が。だから監督の部屋をノックするわけですよ。その疑いをはらしたいから。

サラリーマンだろうがどこの組織だろうが一緒だとおもうですよね。

 

逆境を乗り越えることについては。

追い込まれたら、人間生きるために、死に物狂いで頑張るもんですよ。

例えば、動物が泳ぎ方なんかしらなくても、水んなかポンって投げたらたぶん泳げるんですよ。そんな感覚です。だって死ぬもん。

生きる力ってのはそういう潜在能力をひめてるんですよ。

やったこともないことでもできてしまうくらい。

だから自分ができないと思っていることも、できる可能性がありますよってことを僕は伝えたいんです。

 

才能について。夢について。

天才なんかこの世の中に、ほぼ、いないとおもっています。

で、才能の差は、若干なりともあるというのも認めます。

ただ、若干でしょ?ってことを僕は言いたいんです。

 

そんな、天と地がひっくり返るほどの差はないでしょう?って

だから僕よりも才能のある選手に僕は今まで勝ってきたし。

その差を大きいとみるか超えられるとみるかは自分次第なんです。

 

それをみんな、自分の限界を決めてしまって挑戦することをやめてしまうんです。

だから、夢がかなわないなんてことになるんです。

 

夢がかなうとは、僕は子どもたちに言ったことはないんですよ。

大きな夢をもってください。と僕はいつも言うんです。

なぜか。

絶対に叶うっていうふうには僕は言ったことも一度もないし、ただ頑張ればかなる可能性はあるわけです。

で、頑張るということは、自分で決められるんです。

頑張るか、頑張らないかは。

だからかなう可能性を、その夢をかなえる可能性があるかどうかは、あなた次第ですよっていう、常にチャンスはその本人にあったほうがいいと思います。

ただ、頑張るつもりがないなら夢は叶うわけないんです。

僕はどんな人にも、どんな位置にいる人でもチャンスはあると。

それを目指すかどうかは、明日からじゃなくて今日決めるんです。

やれることは今日からあるんです。

 

プロフェッショナルとは?

プロフェッショナル・・・。自分にとってのプロフェッショナルとは、自分がしている仕事に対して、真摯であること。すなわち一生懸命であること。真面目であること。

それが僕にとってのプロフェッショナルです。

真面目ってだけで十分プロフェッショナルだと思います。

 

気づいた人も多いと思いますが、これは多くの経営者の本や自己啓発書で書かれている方法論、考え方と同じです。

本田は、W杯優勝を目標に掲げることで、自分とチームをモチベートして、その可能性を少しでも高めたわけです。

 

本田が叩かれていると言っても、本人は全然気にしてはいないと思います。

以前、このブログで書いたとおり、悪口を目の前でいうやつはいません。そんなものです。し、何より、彼くらいの意志や才能を持っている選手は周りが貶そうが、踏みつけようが、そんなことで潰れるような選手じゃないはずです。

周りから何を言われようと、むしろそれを燃料にするような強い意志。それが才能というものです。

 

彼のような才能を持たない平凡な僕たちにできることは、彼の発言や、置かれている状況を自分の環境に置き換えてみて(もちろん彼の状況に比べたらぬるま湯もいいところなんでしょうが)、自分だったら同じような発言や行動ができるのか?と想像してみることくらいでしょう。

つまり、自身の現状と重ねてみたりして、自分を奮い立たせることしかできないと思うし、それでいいと思います。

 

サッカー日本代表お疲れ様でした。