読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

『シェフという人生が素晴らしい18の理由』その4。

シェフという人生が素晴らしい理由

えぇ~。すっかり忘れていた、『シェフという人生が素晴らしい18の理由』です。

 

以前、『シェフという人生が素晴らしい18の理由』という記事を紹介してそれについてのコメントを書いていました。

その続きです。

 

シェフという人生が素晴らしい18の理由

 

7からですね。

7.タトゥーは問題じゃない

汚い言葉づかいも。 

 問題だろ!?

いやいや、別に個人の自由なのでどちらでもいいのですが、僕の周りにはタトゥーをしている料理人はいませんでした。まぁ海外の記事なので、タトゥーはファッションとしてやっているでしょうから、日本のイメージとはちょっと違いますよね。

では、次。

 

8.シェフが使うのは最高のおもちゃ

ナイフだけじゃない。ハイパワーミキサー、フード・プロセッサー、真空調理器だってある。 

 今の調理器具は本当にすごいですね。

特に洋食は、和食に比べて積極的に色々な器具を使っているように思います。

 

 

9.バリバリ働くが、パーティーはそれ以上

シェフがみんなパーティー好きなわけじゃないが、好きなのがいる。彼らは遅くまで働く仕事柄、遅くまで遊びがちだ。楽しいことのすべては深夜に起こるものだ(親が語ったことを以外は)。 

 僕は好きですね。よく仕事あとに遊びに行きます。

料理人は確かに夜が遅いので、深夜まで遊んでいたりします。

僕の周りも料理人に限らず、個人で商売している人は夜遅くに動き出す人が多いです。

 

10.まかない飯

いいレストランの多くは夕食の開店前にスタッフ全員そろって食べる。そんな豪勢なものではないが、味は確かだ。 

 僕も修行中は、こんな感じでした。

いつも16時にみんなで昼ごはんです。

僕がいたところは和食のとても厳しいところだったので、みんなそろって和気あいあいという雰囲気は全然ありませんでしたが、僕がまかない係をして、作った料理に怒られて、怒られて、怒られて、怒られて、そんな毎日から料理の基本を学ぶことができました。もう二度と戻りたくないですね。

 

 

今回はこんなところで。

また続きは今度。

『シェフという人生が素晴らしい18の理由』その1。 - 〔生うどんつちや〕なまうどんくん日誌

『シェフという人生が素晴らしい18の理由』その2。 - 〔生うどんつちや〕なまうどんくん日誌

『シェフという人生が素晴らしい18の理由』その3。 - 〔生うどんつちや〕なまうどんくん日誌

 

 

***********

ブログの更新、日替わりセットの案内などはこちらをご利用ください。

生うどんつちや | Facebook

生うどんつちや (namatsuchiya) on Twitter

 

ほのぼのおかみのブログ。

ほのぼのおかみ日誌