読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

色々と思うところあって、営業時間を短くしました。

ブログでの告知は遅くなってしまいましたが、10月から営業時間を20時までとさせていただきました。

 

 営業時間を21時までだったところを、20時までとさせていただきました。

この不景気に営業時間を短くするなんて、そうとうふざけてやがるな。と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

1つずつ理由を書いて行きます。

 

体力的にしんどい。

まず思いつく最初の理由は、「しんどい」ってことです。

体力が落ちたってことはないと思います。むしろ最近は一度ギックリ腰をしてから、ある人にストレッチと日頃の姿勢で気をつけることを教えてもらってから、調子がいいくらいです。

それでも、最近おかげさまで忙しくさせていただいて、スタッフが少ないということもあって朝から晩まで仕事に追われています。

ちょっとゆっくりしたいです。

昔ブログに書いたのですが、商売は長丁場のマラソンのようなものです。


リクルートポイントのCM見て、人生や商売のことをいろいろ考えてみました。 - 〔生うどんつちや〕社長の日誌

体力の限界を感じて、商売を辞める人は多いです。

僕と一緒にうどんの修業をしていた仲間もみんなやめてしまいました。

 体を壊しては元も子もないので、少しゆっくりしようと思います。

 

家族の時間も増やそうと。

これは、家族を持つ多くの人は思っていることだと思いますが、近くにいる時間を確保しようと思っています。

家族と過ごす時間だけじゃありません。

例えば、もらっている手紙の返事とか、今年の正月の年賀状!、昨年のクリスマスカード!!の返事もあと3つあります。(返事がまだ来ていない人、本当にごめんなさい。)お世話になった人にも便りを書きたいとずっと思っていながら、できていません。

仕事もそうです。

ブログをはじめ、店のメニュー作りなどの雑務などをこなせる時間を作ろうと思います。

 

個人的にしなきゃいけないことも、したいこともあります。

それなりに、時間を見つけてやってはいるのですが、ここは思い切ってみました。

 

動き出すなら余裕のあるときに

これまで、6年以上商売をしてきて、それなりに色々やってきました。

順調なときもそうじゃないときもあって、多くのことを学びました。

その学んだことに一つに、『何か手を打つときは、余裕があるときに。』というのが商売の鉄則だなということがあります。

 

当たり前と言えば、当たり前のことなんですが意外と実際に商売をしているとなかなかそれが実践できなかったりします。

苦境に立たされている時には、色々と考えます。「どうしたら、売上をのばせるだろうか?あそこは景気がよさそうだな。」とか色々と悩んだり、周りを参考にしようと他所のやり方を見てみたり、勉強しに行ったりします。

その結果、現状で改善できることをそのままにしておいて、

「ここで思い切って新しいことに挑戦して、それがうまく行ったら、オセロのように今黒いものが一気にひっくり返って、全てうまくいくんじゃないか!?」

と考えてしまうのです。

 飲食店の経営者はけっこうそういうタイプの人が多かったりします。

飲食店だけではないかもしれませんが、商売をゼロから一人で立ち上げるような人は、やる気や行動力、それに見栄や欲も強かったりします。この手の、『一発逆転』を夢見る人が意外なほどに多いものです。

 しかし、現実はそんなにあまくはないです。たしかにそれでうまく行った人も中にはいるでしょうが、それはごくごく一部の運のいい人だけです。

 

これからは働き方や仕事のあり方が劇的に変わる

以上のことなどを考えて、動き出すなら余裕がある今かな?と思い決断しました。

この浮いた時間で僕が何をするか、そして、それが実際に形になるかはわかりません。(そもそもスタッフが少ないので、日々仕込みに今まで以上に追われています。)

 何をするかは今は書きませんが、色々と挑戦していきたいと思っています。

 

最近、僕は、これからは働き方や仕事のあり方が劇的に変わっていくような感覚があります。皆さんはどうでしょうか?


ちきりん『未来の働き方を考えよう』を読んだら商売も悪くないなと思いました。 - 〔生うどんつちや〕社長の日誌