読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

37億円を完済した話。仕事とメンタル。

 

仕事とメンタル

 

個人で37億円の借金をして、みごと完済した経営者の話がありました。

 

借金37億円。。。|若山陽一の考えること、思うこと、感じること。

 

借金をした経緯などは、記事を読んでいただくとして、僕が思ったのは、『仕事とメンタルの関係』です。

どんな仕事も同じでしょうが、メンタル(精神状態、精神力)と仕事は切っても切れない関係にあると思います。

 

 

そんな状況下、僕が常に肝に銘じていたのは、

 

①必ず返済するということ

②返済計画とそのプロセスをきっちり見える化するということ

③絶対にあきらめないということ

 

でした。 

 根性、胆力、精神力などをあまり経営者が言い過ぎるのは、昨今のブラック企業批判にあるように、好まれてはいないことは知っています。

しかし、誰もが実感していることだと思いますが、仕事の成果にメンタルはかなり重要です。

 

メンタルを良い状態で保つためには、体調管理も重要です。

 

あと精神的均衡を保つためにか、毎日やることと、絶対にやらないことを決めてました。

 

やることとして、一日の終わりに必ず筋トレ、そしてホラー映画鑑賞をしていました。

 

筋トレはモンモンと考えられないくらいに運動をしますので、余計なこと考えず疲れて寝ちゃうんですよ(笑)

 

ホラー映画も良いですよ。必ず皆殺しになるんですが、主人公は必ず生き残りますからね。

それに自分を投影してヨッシャ~。フフフ。って感じでした(笑)

 

やらなかったことは、酒でした。

一番やばかった時期は一切の酒と交遊を断ちました。

 

 僕も二日酔いとかになると、仕事に集中できない自分に腹が立ちます。(じゃ~飲むなって?)

 

 

どうも仕事のやる気が起きない時

 

僕の場合は、ブログを書きます。

ブログを書くと、どうしてもポジティブなことが多くなるので、それだけ『書いたからには頑張らねば』となります。

その他には本を読みます。

偉大な経営者の本や、ビジネス書などです。

この手の本は、どうもわかりやすかったり、自己啓発っぽいものが多いのですが、なるべく厚くて、内容も難しく、集中しないと読めないようなものがいいです。

例えば、

 

新版 商業経営の精神と技術

新版 商業経営の精神と技術

 

 

稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計

 

 

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

 
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

 

 他にも色々ありますが、こんなところでしょうか。

 

料理の本もいいです。

 

ソース―フランス料理のソースのすべて

ソース―フランス料理のソースのすべて

 

 

割烹 うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ

割烹 うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ

 

 

それでも、どうしてもやる気がでないときはマンガでも読みます。

そうやって、しばらくだらだらとしていると、不思議なものでまたやる気が出てきます。