読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

クローズアップ現代『ポエム』特集で、居酒屋甲子園を見て思ったこと。

先日のNHK『クローズアップ現代』をご覧になってはいませんか?

『愛、勇気、夢、希望、仲間を大事に、笑顔、絆、どれも大切な言葉ではあるが、少し斜めから見るときれいごとにしか見えない言葉があふれている。』 『その当事者の不都合なことを隠すために見かけ上きらびやかだったり、大仰な言い回しで煙に巻いている。』 『“絆″だったり“おもてなし”だったり『ポエム』という手のかかった高度なもので、われわれは動かされはじめている。と語るのはコラムニストの小田嶋隆。』 『最近、前向きで明るい言葉で作られた『ポエム』と言われる言葉が周りに増えているようです。』
<番組より抜粋>

という、現代社会に広がる『ポエム』と呼ばれる現象をまとめた内容でした。

あふれる『ポエム』?!~不透明な社会を覆うやさしいコトバ~ 番組では居酒屋甲子園の決勝戦の模様を紹介していました。

“居酒屋甲子園”知っていますか? 僕がこれを知ったのは店を始める時です。

開業時に厨房機器を購入した会社の人から『こういうのがあるんですよ。』と教えてもらいました。

僕はうどん屋なので、そこまで興味はなかったですが、その年に優勝した居酒屋が熊本にあるということだったので、『いつか行ってみないなぁ~』と思っていました。(もしかしたら、番組に出ていた九州の会社っていうのはここかもしれませんね。)

<居酒屋甲子園> 「居酒屋甲子園」とは、“居酒屋から日本を元気にしたい”という想いを持つ全国の同志により開催された、外食業界に働く人が最高に輝ける場を提供する大会です。 全国からエントリーされた居酒屋のうち、独自の選考基準で選ばれた優秀店舗が、年一回、数千人が集う大会場に集結します。ステージで自店の想いや取組みを発表し、 居酒屋甲子園における日本一の店舗を決定、外食業界で働いている人が夢や誇りを持てる大会にすることを目指しています。
ホームページより抜粋>

ここ鹿屋にもこれに挑戦している居酒屋もあります。

番組では、その居酒屋甲子園、決勝大会が5000人を集めて盛大に行われていました。 居酒屋甲子園の内容ですが、審査対象は料理の味や接客ではなく、居酒屋で働く夢や喜びを謳い上げる『ポエム』のような心の叫びをプレゼンして、最も聴衆を感動させた店舗が優勝というものでした。

全国から1000店舗を超える予選では、きっと味や接客といったものを競うのだと思いますが、決勝はそうではありません。

言ってみればプレゼン大会というか、弁論大会というか、そこでの言葉を引用すると以下のようなものです。

『夢は!一人で見るものじゃなくて、みんなで見るものなんだ!!人は夢を見るから、熱く、熱く、生きれるんだ!!』

生うどんつちや

『私に癌が見つかりました。どうして私が・・・』

 

『変わりたい!今までの自分は嫌だ!!みんなから愛される店長になりたい』

過去のつらい思いを告白したり、仲間と共に働く中で助けてもらったこと、感動したことなど、居酒屋で働く中で感じたことを前向きに生きる希望や夢として涙ながらに謳い上げています。

番組を見て、あるいはここまで読んで、異様に感じる人もいると思います。

実際、番組はすごい反響だったようで、色々なところで取り上げられています。

 

 

「夢」「仲間」を声高に叫ぶ「居酒屋甲子園」に違和感? NHK「若い世代のポエム

化」特集がネットで反響呼ぶ Yahoo 知恵袋 居酒屋「ポエム」は「搾取のため」か?

 NHK報道に主催者が「残念」

 

居酒屋は昨今『ブラック』と騒がれている業界です。

(個人的には、飲食店はどこも括弧付き『ブラック』だと思うのですが、そのことはまたいつか。)

このような言葉が、その『ブラック』といわれる職場、業界で働く人の心の支えにもなっているのは事実です。 番組では

やりがいだけでは長続きしない。若い人だけである。 言葉は話している方も自己肯定感が高まり、聞いているほうも感動する。 『ポエム』の言葉は一般の言葉と少し違う。あまり説明しない、結論、内容は読み手の読解力に委ねている。 居酒屋甲子園で流れている言葉をみても、必ずしもこうしろ、あぁしろ、と命令はしていないけれど、読み手の側で同調することをさせる、求心力をもっている言葉。 実際、連帯はできているのか? 連帯ではなく、個々で競争させて、むしろ分断させている。 連帯というのは心を合わせることで、同調というのは、嫌なことは言うな、合わせろ、乱すな、言うことを聞け、となり、結果として同調できない、人を排除する力にもなる。 仲間がキーワードで、友達がいることが一番大切で、友達がいないということは人間として、寂しい、情けない生き方だよっていうような人生観がひろがっている。 仲間をもつんだ、絆、夢を持つんだっていうようなことが道徳のように広まっている。

というような解説がされており、概ね否定的な内容でした。

(これ、取材を許した居酒屋甲子園はこれでよかったの?と思ったら、やっぱり納得できないみたいです。こちら

僕も番組をみて、異様というか、近づきたくはないな、という感想を持ちました。

ただ、僕は思うのですが、どのようなすばらしいさを謳ったり、訴えている団体や活動も、外から見ていれば、どうも入り難い雰囲気を醸し出すものです。

それはなにも居酒屋甲子園だけではありません。

皆さんも周りの人が入っている団体や活動をそのように見えることがあると思います。

そういうものです。

実際に居酒屋だけではなく、トラックの運転手、介護士、歯科助手、パチンコ店員、エステティシャン、温泉施設、などなど10の業種に広がっているそうです。

そして、これからもこういう活動は増えていくと思います。

あと10年もしたら、役所や教育現場で働く人たちも同じようなことをしているかもしれません。

 

『市民がいるから、僕たちがいるんだぁ~!市民の笑顔が僕たちに夢と希望を与えてくれるんだぁ~!!変わりたい!!今までの役所じゃ嫌だ!みんなから愛される役人になるんだぁ~~~!!!』

 

と市役所の駐車場で朝から叫んでいるかもしれません。

冗談はさておき。

(いや、半分くらいはあり得るなぁと思っています。実際、どんな組織でも多数の人間を同じ意識にさせるために、集会したり、輪読したりいろいろやってます。それらは外から見ればやはり異様といえば、異様です。)

居酒屋甲子園だけを問題視しても何の意味もありません。

目を向ける必要があるのは、実際そこで働く人たちです。

先ほども書いたように、居酒屋だけではありません。

あらゆる業種で同じようなことは大なり小なりあり得ることです。

ただ、僕は飲食業でずっと働いていたので自分の考えを書きます。

 

皿にチョコペンでポエムを書いたりしていた男性や、相田みつをみたいな言葉を店内に書いたりしている居酒屋が番組では出ていましたが、(なんでしょうね、あの既視感。どこも同じようなことしているんですね。)僕はそんなことは絶対にしないし、そんなところで働くくらいなら、どこかの料理屋(和洋問わず。)で修業します。

そして、いつか自分の店を持つために技術と知識を蓄えます。

ただ、番組に出てきた居酒屋で働く若者たちの状況も理解できる部分もあります。

僕みたいに真剣に料理の修業したいと言っても、よっぽど根性がないと続きません。

それに誰もが自分の店を持ちたいわけではないだろうし、独立するために技術、知識を得たからと言って、成功はしません。(はっきり言って)

そんな状況も分かっていれば、簡単にみんなが独立志向とはならないのが現実です。

今、僕の店は売り上げもそんなにないので、社員はいませんが、社員が何人かいたときにある矛盾に気付きました。

僕みたいに自分の店を持ちたいという目的意識を持って働くということは、働いているその店をやめることを目標に働いていることと同じです。

そうなると、経営側から見るといつか辞めるもの、続くかどうかはそこまで気にしなくていいということになります。

(例えば、その店で修業したい人がいる、すっごい料理に対して厳しい和食屋とかはまさにそうです。)

一方、そんな目的意識もない人は、仕事に対するモチベーションを上げることや、少しでも働きやすい環境にと経営者は苦心しないといけません。

(例えば、居酒屋甲子園のように)

そこには、ちょっとした矛盾があります。

もし飲食店の経営者が、僕みたいに『みんなが目的意識を持ってやった方がいい』ということは、みんな独立することを前提に働くことであり、それは今の自分の店は成り立たないことになります。

(例えば、日本中の居酒屋で働く全員が渡邉美樹さんのように働いたら、今の渡邊美樹さんは存在しないでしょう。そう言うときっと渡邉さんは『それでいいじゃないですか!素晴らしいことです!』って言うでしょうが。(笑))

きっと、番組に出ていた人たちは、楽しんで働いていると思います。

僕の小さな店で働いてくれているアルバイトのスタッフも楽しく働いてくれていると思っています。

みんなで何かに盛り上がるっていうのは楽しいですよね。

一人ひとりが目的意識が違うし、それでいいと思うので、僕から何か言えるようなアドバイスはないのです。

それでも個人的にアドバイスを求められたら、 『どうも、くだらないなぁ』とか、『今の環境を変えたいなぁ』と思うのだったら、思い切って行動するしかないですよ!

 

 

充実感やわくわくする気持ちって、誰かに与えられるものじゃなくて~!自分で見つけたり、作ったりするものなんだぁ~~!!人はだから熱く、熱く生きられるんだぁ~~!!!

生うどんつちや

と、居酒屋甲子園風にアドバイスします。 突っ込みある人はコメント欄へどうぞ。