読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

しゃぶしゃぶやめて、鍋焼きうどん

ポン酢やめました。

先日、ポン酢(とクレソンと)を使った、メニューを考えていると書きましたが、やめました!

イメージでは、小さな土鍋とカセットコンロを用意して、黒豚とたっぷりの白髪ねぎとクレソンをしゃぶしゃぶ。

そして、〆にゆがき立てのうどんがついて、それもしゃぶしゃぶ。

という内容でした。

どうですか?おいしそうでしょ?

それが、そうでもないんですよ。

いやいや!美味しくないわけじゃないんです!

普通に美味しいんですけど、なんていうかカチッとはまらないというか、「まぁ、おいしいけど、別にうちでしなくてもいいかな?」という感じでした。

こういうときは、無理にしないことです。

ぼくはそうやって、メニューは増やしてきました。

ご飯類もうどん類も。

うどんで言えば、『カレーうどん』も(賛否あるでしょうが)お客さんからは要望をずっと頂いていたのですが、なかなかイメージが沸かなくてずっとしませんでした。

そんなときは、無理にしないことです。

やっつけで作ったメニューはやっぱりお客さんにも伝わります。

新しいメニューを考えるのには、ずっと頭の隅に入れておくと、ふとした瞬間にイメージがクリアになります。

そうして、新しいメニューが生まれます。

うちの『カレーうどん』もそうです。

ですので、今回のしゃぶしゃぶはお蔵入りです。

その代わりじゃないですが、鍋焼きうどんやります。

オープン以来ずっと、「鍋焼きはしないの?」と言われていたので、いつも頭にあったのですが、なかなか形になりませんでした。

ぼくが自分で思うに、なんだか「つちやの鍋焼き」というので肩に力が入っていました。

力が入りすぎて、「しゃぶしゃぶ」とか、行き過ぎた方向にまで行ってしまいました。えへへ、えへへ。

で、今回の鍋焼き。

いい感じに力の抜けた、「あ、つちやらしいね。シンプルで。」というような内容になっています。

お楽しみに!

(お客さんから、「あのカレーうどんはもうしないの?あのカレーうどんはまだか?」と言われますが、すみません、春にまたします。たぶん。)

(今回のしゃぶしゃぶは、一品メニューとして生まれ変わるかもしれません。友人のシェフに試食してもらって、ヒントを得ました。そのときは、こちらもよろしくお願いします。)