読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生うどんつちやブログ

鹿児島県鹿屋市にあるうどん屋です。

「おれ、飲食店やっちゃおうかな?」と友人に言われたら 4

そして、修業にて何を学ぶか?の最後です。

最後は、『学ぶことを学ぶ』ということです。

店をするのに、考えなければならないことは数多くあります。

料理もそうですし、それ以外のこともそうです。

料理について言うと、修業中に得た、その知恵袋はいつか空になってしまいます。

新しいことを少しずつでも取り入れていかないと、この移り気な消費者を満足させることはできません。

それには辛抱強く釣り糸をたらすように、せっせと井戸を掘るように、自分で勉強しなければいけません。

その勉強して得たことを、実際メニューに載せるところまで持っていくには、結構な力仕事です。(誰もが、今現在の営業で精一杯やっているわけで、そこに、さらに新しいことを加えるわけですから)

仕入れや仕込みは増えるし、メニューも作り変えなければいけません。

なにより、自信をもってメニューに載せるにはそれだけの自信作でなければなりません。

それを一から考えるのは想像以上にたいへんです。

それでも、ぐぐっと踏ん張って、これら一連のことを実行できる力が必要になります。

その力は、《今はできないけど、いつか、できるようになる》=《学ぶこと》というような、まさに修業中に得ること、というか、その行為は修業そのものです。

つまり、修業とは『学ぶことを学ぶ』と言い換えてもいいでしょう。

この力がつけば、基本的に、どんな料理でも今はレシピを知ろうと思えば知ることができます。

独学から自分の料理にしていくことができます。

さらに、もっと言えば、『学ぶことを学ぶ』という意識があれば、修業先なんて、極論言えば、どこでもいいとも言えます。

どんなところに行っても、そのときの自分では分からないことや、できないことにぶつかるわけですから。

(たぶん、つづく)

えぇ~~まだつづくの?

たぶん。

「おれ飲食店やっちゃおうかな?」と友人に言われたら1

「おれ飲食店やっちゃおうかな?」と友人に言われたら2

「おれ飲食店やっちゃおうかな?」と友人に言われたら3

「おれ飲食店やっちゃおうかな?」と友人に言われたら4